スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【典】神典について振り返る4

 一応神典について書いたので最後まで書いていきます。よろしくどうぞ葉山遠州です。
 詠唱枠として、神典として入れる技能を前回まで書いてきたのですが奥義や気合系も入れると大体15個あるスロットのなかで12個くらいは使ってしまうので残りの3枠くらいで何を入れるかを書きたいと思います。

 ・攻撃系(連射・三連射・魂送の矢・三貴神射儀)
 神典ぽいって言えば、神典ぽい技能な攻撃系の技能は、状況に応じては特徴の出せる技能群です。連射は確率で痺れ、三連射は結界を破る事が無い時の非常用ですかね。気合消費が少ないのもソロで合戦場でタイマンとかには良いかもです。魂送の矢は使い勝手悪いですが蘇生不可技能、三貴は雑魚Nとかするのに結構重宝しますね。
 しかしこの攻撃技能群は致命的な欠点があるのが痛いところです。それは神典の生命線である蓄積を放出した上に、蓄積状態も解除されてしまうので(月弓還矢よりも前の技能だから仕方ないんですが…。)つらいところです。ここらは改善してほしいなと思いますが重要度としては高くない感じです。

 ・付与系技能(速攻の韻・防壁の韻・瞬剛和魂・鋼彗和魂)
 速攻と防壁は技能は優秀ですが霧散や看破が来やすくなるので強ボス相手には使いにくい技能かもしれません。追い込みなんかでは使えると思いますが。
 瞬剛は緑と赤のレベル2(30秒)の2名付与でウエイトもマイナス3、赤の威力もまぁまぁです。しかし一番の使い所は回避武士との相性の良さです。回避武士にこの付与すると回避が体感できる位上がります。武士2構成は今少ないですが、湯池で青もつくので看破にも強いです。雅楽の祝福の唄の方が良いのは言わないでください。
 鋼彗は目に見えて効果がある感じは無いのですが、黄青レベル2付与盾にメッキはもちろん、旗頭の防御上げや、回復役への魅力アップの回復上昇も効果があります。色々考えれば使える技能かもです。(神典側の知力依存らしいので個人差あるかもしれませんごめんなさい。)
 そしてこの技能4種類は覚醒が表生命200で裏の魅力なので技能として使わなくても生命上げに入れてたりします。

 なんかよく使っていない技能の紹介ばかり書いてきたら結構長くなってきたので今回はこの辺で。
 結局何言いたかったんだ!俺は!
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

ブログ全然更新されないやんけ。
どうした!!

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。