スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【典】神典について振り返る4

 一応神典について書いたので最後まで書いていきます。よろしくどうぞ葉山遠州です。
 詠唱枠として、神典として入れる技能を前回まで書いてきたのですが奥義や気合系も入れると大体15個あるスロットのなかで12個くらいは使ってしまうので残りの3枠くらいで何を入れるかを書きたいと思います。

 ・攻撃系(連射・三連射・魂送の矢・三貴神射儀)
 神典ぽいって言えば、神典ぽい技能な攻撃系の技能は、状況に応じては特徴の出せる技能群です。連射は確率で痺れ、三連射は結界を破る事が無い時の非常用ですかね。気合消費が少ないのもソロで合戦場でタイマンとかには良いかもです。魂送の矢は使い勝手悪いですが蘇生不可技能、三貴は雑魚Nとかするのに結構重宝しますね。
 しかしこの攻撃技能群は致命的な欠点があるのが痛いところです。それは神典の生命線である蓄積を放出した上に、蓄積状態も解除されてしまうので(月弓還矢よりも前の技能だから仕方ないんですが…。)つらいところです。ここらは改善してほしいなと思いますが重要度としては高くない感じです。

 ・付与系技能(速攻の韻・防壁の韻・瞬剛和魂・鋼彗和魂)
 速攻と防壁は技能は優秀ですが霧散や看破が来やすくなるので強ボス相手には使いにくい技能かもしれません。追い込みなんかでは使えると思いますが。
 瞬剛は緑と赤のレベル2(30秒)の2名付与でウエイトもマイナス3、赤の威力もまぁまぁです。しかし一番の使い所は回避武士との相性の良さです。回避武士にこの付与すると回避が体感できる位上がります。武士2構成は今少ないですが、湯池で青もつくので看破にも強いです。雅楽の祝福の唄の方が良いのは言わないでください。
 鋼彗は目に見えて効果がある感じは無いのですが、黄青レベル2付与盾にメッキはもちろん、旗頭の防御上げや、回復役への魅力アップの回復上昇も効果があります。色々考えれば使える技能かもです。(神典側の知力依存らしいので個人差あるかもしれませんごめんなさい。)
 そしてこの技能4種類は覚醒が表生命200で裏の魅力なので技能として使わなくても生命上げに入れてたりします。

 なんかよく使っていない技能の紹介ばかり書いてきたら結構長くなってきたので今回はこの辺で。
 結局何言いたかったんだ!俺は!
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【典】 三回目 神典について振り返る

神典の実装について考えるその参

 あんまりインもできてない上に、大したスキルあるわけでも無いですが回を重ねて書いてます。間違いや思い込み等あるかもしれませんがご容赦ください。

必ず入れている技能(攻撃技能系)

・天照の耀き
 所謂神典の主砲ですね。蓄積分も上乗せして放出します。物理と術の耐性を両方15%低下させます。

・月光の矢
 新月の矢の上位互換ですね。こちらも物理と術の耐性を両方15%下げます。敵の準備には大きな気合削り効果が。体感的な話になりますが、強いボスの陰陽師の結界付きだとなかなか止まらないですね。降神の儀や神降の赤が付いていれば更に気合ダメアップ、後は腕力次第でしょうか。矢の影響も多少あるかもです。
 新月の矢からの大きな変更点は、蓄積がこの月光の矢を放つと2000貯まります。マックス6000まで貯まるのに大分早くなりました。もう一つ最大の変更は狙撃状態になった事です。術止め技能としては優秀になりましたね。対人戦でも重要度が増した感があります。

 攻撃は主にこの2技能でしょうか。簡単な説明文だけになってしまいましたね…。

 あんまり身もない話だったので実装の並びについても少し書いてみます。
 神典だからという訳ではないのですが、実装する技能が増えた事もあって技能の選択も手間取ったりミスも結構あります。特に一番の技能に全体解呪など実装しておくと押し間違えた時にそのまま技能が出てしまいます。神典では一番目の技能は月光の矢がおすすめです。(敵の準備でも素早く行動できるのと、連打してもその後の選択が多いので途中で気付く為)あとは二番目と最後に実装したコマンド技能も上か下を一度押すだけで使えるので重要な技能はここに入れておくと良さそうです。同様に一度右を押すと使えるコマンド技能7番目も頻度の高い技能入れて置くと迷わなくて済みそうです。
 今なら1番:月光、2番:詠唱、7番:全体解呪、最後:天照等がおススメかな?この技能の場所だけ覚えておくだけでも違ってきそうです。(明日のメンテ明けで変更なる可能性ありますね・・・よく考えたら。)

 3回に分けて書いてみましたがいかがだったでしょうか?自動発動系4技能とコマンド4技能、攻撃技能2つで、10種はほとんどの方実装されてると思います。これに気合系を追加したり、奥義を実装したりと12技能くらいはこれで埋まっちゃいますね。残りの実装枠3つは自分の色でチョイスしてみて下さい!奥義と残りの3枠候補技能はまた暇な時に書きたいと思います。


にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村


【典】 神典について振り返る2

神典の実装について考えるその弐

 なんか書いてる間に、既に初心者の方ってほとんどいないんじゃないかなと思いつつも書いちゃったので2回目もこれ書きます。(そもそも神典始めるような人はもうある程度経験者な気もする…。)

必ず入れている技能(コマンド技能系)

・二者詠唱付与
 技能の説明は省略します。
 ポイントとしては看破を多用する敵の前で詠唱をしない。回復役の行動のすぐ後ろに詠唱を付けるとスムーズです。
 あとはもう一つをメッキに使う時、軍学と盾鍛冶の場合は軍学へメッキしましょう。(軍学は盾鍛冶の極みコピーの時に盾鍛冶に強力なメッキを付けられるのと、軍学が看破に対して非常に脆弱な為。)

・全体解呪・四
 呪詛3つ消し+赤キラキラ消し+士気玉通常の倍アップ+眠り、魅了状態解除
 回復と詠唱役が主に実装するこの技能。敵が強くなるほど回復役は回復しかできないので、実質詠唱役のみの担当になります。赤のキラキラ(行動毎ダメ、回復量低下)は放置しておくと盾がジリ貧で死んでしまいます。解呪は自分だけの仕事!と思ってやりたいところですね。

・気合系(気合4・神恩の儀・天授祈願・弐)
 最近の流れとしては、徒党員が全員強そうな(知力魅力が高そうな)状況では、気合回復速度が速いので、そんなに小まめにやる方も見かけませんね。レベルが70に達していない方や、装備の付与次第では必要があるかもです。自分は「気合下さい><;」って言われる前に怒られない程度で天授を使用しています…。 

・不変の御手
  こちらも気合系と同じく、いざ無いと困った状態になるので外せない技能ですね。表の覚醒が生命なのも入れておいて損が無いです。効果時間は80秒くらい、2ターン弱ってところでしょうか。

 今回は詠唱役で主に使う4技能紹介してみました。突き詰めれば細かいスキルがあると思いますが、今回はこの辺で。基本的なここらの技能を丁寧に使っていければ戦闘は大分安定してくると思われます。とか自分で書いてる割に、ちゃんとできて無いです。あしからず・・・。




【典】神典について振り返る1

神典の実装について考える その壱

 信長を長年だらだら続けてる割にちっとも成長しない
ので自分のおさらいも兼ねて少しまとめてみようと思う。

 必ず入れている技能(自動発動系)

・満月祭儀
 開幕蓄積2000+蓄積状態+反射結界
 結界は100%物理反射で強度も陰陽師の結界と同等に
 堅いのでおすすめ。但し2枚です…。

・降神の儀
 詠唱付与した時に自分に付く4色付与。ウエイト-3の
 緑に赤は準備止めに月光の矢に付いていると強力に
 気合を削ることができます。

・神佑弓術
 入神(矢の効果100%発動)と援護のニコイチ技能。

・扇的術
 弓術極意と命中術極意のこちらもニコイチ技能。

 上記4技能は状況で外すという事もなく、表の覚醒も
非常に良いので、初めての方はここらから技能覚醒を
始めるのが良さそうですね。あとは降神の儀の効果が
高いので宝玉を属(付与の時間延ばす方の属)にして
おくと、何かと役に立ちます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。